パチスロ ツインエンジェルBREAK/ZS

最安価格 72,900円 ホームスロット
取得日時:2018年05月27日 23時30分

(前日比 0円)
順位
  • 価格(差額)
  • 送料
  • 支払方法
  • 評価
  • コメント
ショップサイト
1位
  • ホームスロット メインパネル
    72,900円
    (最安)
  • 送料:送料無料
  • 代引 振込 カード コンビニ
  • 評価:72点
  • 細部までのこだわりメンテナンス
ホームスロットの
売り場へ行く
2位
  • パチスロバンク メインパネル
    73,000円
    (+100)
  • 送料:送料無料
  • 代引 振込 カード コンビニ
  • 評価:73点
  • ゆっくり割で1000円引き
パチスロバンクの
売り場へ行く
3位
  • スロネット メインパネル
    73,224円
    (+324)
  • 送料:送料無料
  • 代引 振込 カード
  • 評価:63点
  • 全台コイン不要機付き
スロネットの
売り場へ行く
4位
  • A-SLOT メインパネル
    73,350円
    (+450)
  • 送料:送料無料
  • 代引 振込 カード コンビニ
  • 評価:82点
  • 圧倒的な利用者数でレビュー数業界No,1
A-SLOTの
売り場へ行く
5位
  • わっしょい メインパネル
    83,000円
    (+10,100)
  • 送料:2,300円~
  • 代引 振込 カード コンビニ
  • 評価:66点
  • 全台コイン不要機付き
わっしょいの
売り場へ行く
6位
  • ビッグスロット メインパネル
    157,680円
    (+84,780)
  • 送料:送料無料
  • 代引 振込 カード
  • 評価:74点
  • 実機販売店で一番歴史が長い
ビッグスロットの
売り場へ行く
価格推移グラフ
基本情報
メーカー サミー
機種名 パチスロ ツインエンジェルBREAK/ZS
号機 5号機
タイプ ART
導入日 2017/06/05
スペック ボーナス合算:1/179.1 1/175.7 1/165.5 1/154.2 1/149.3 1/144.0

スペシャルビッグボーナス:280枚を超える払い出しで終了
ビッグボーナス:280枚を超える払い出しで終了
ミドルボーナス:79枚を超える払い出しで終了

ART:ボーナス完走型、1set33G、純増約0.8枚/G
筐体情報
ドアキー ZEROKEY
設定キー 006-3
スピーカー 4個
台出力情報 ①IN②OUT③ART④BB⑤BB/ART⑥コモン⑦セキュ⑧ドア
サイズ 高さ81㎝ 横幅47.5㎝ 奥行39㎝
重さ 35kg
機種コメント
パチスロオリジナルコンテンツとして登場し、漫画化やTVアニメ化など多方面で展開。「萌えスロ」のジャンルを築き上げた『ツインエンジェル』の4作目が登場した。本機は完走型のART「エンジェルタイム」を搭載したボーナス+ART機で、これまでのシリーズのゲーム性を継承しつつも様々な点で進化を遂げているぞ。

 主なART突入契機はボーナスなのだが、今回は通常時からもARTへ突入する「パトルンルンチャンス」を新搭載。通常ゲーム消化が「333ゲーム付近 → 666ゲーム付近 → 999ゲーム付近」と333ゲーム周期で発生し、サブ液晶に現れたパトルンルンのランプが光ればART当選&複数ストックの期待大に!? ART期待度に関しても「20%以上 → 50%以上 → 100%!?」と後の周期になるほど高くなる。

 レア小役成立時はボーナス同時当選のチャンスとなり、「ハズレ < リプレイ < ベル < 弱チャンス目 < カバン < チェリー < スベリなしチャンス目 < スベリチャンス目」の順でボーナス同時当選期待度がアップ。カバン成立時に関しては高確移行も抽選しており、高確中に当選したボーナスはART抽選が優遇されるぞ。ボーナスは全3種類存在し、「スペシャルビッグボーナス(203枚獲得)」はARTストック2個以上が確定!? 「ビッグボーナス(203枚獲得)」中はART突入を抽選し、選択できる演出モードは全7種類と大幅に増加している。「ミドルボーナス(56枚獲得)」当選時もART突入を抽選しており、さらにMB中の技術介入でもART抽選を受けられる。

 ART「エンジェルタイム」は1セット33ゲーム継続、1Gあたり純増約0.8枚の完走型ARTとなっている。継続は自力ストックタイプで、「バトルモード」を選択すると、ガチ抽選バトルが発生。敵の体力をゼロにして撃破できればボーナス or 次セット継続!? 「ノーマルモード」選択時は、ARTの最後に発生するバトルでジャッジする従来のゲーム性を継承している。ただし内部的にはバトルモードと同様の抽選が行なわれており、見せ方のみ異なっているぞ。本機のARTは一契機で複数ストックすることもあるので、謎連も健在だ。

TOP